結婚前に起こる精神的悩み|結婚を予定している男女に見られる症状です

結婚前に起こる精神的悩み

カウンセリング

二人で話合うことが解決策に

結婚式を目前にして、結婚することが怖くなってしまった経験を持つ人も多いと思われます。心配ごととして考えられるものに、夫婦間での生活を上手くやって行くことが出来るのだろうか、料理は下手だし掃除も苦手と言う人がいてもおかしくありません。また相手側の親との付き合いや更には同居となった時の不安は、人には言い切れないものがあると思われます。そのような悩みを持つ症状がマリッジブルーと言われるもので、女性に多く表れるものと言われますが、男性にも起こる症状でもあります。うつの症状をみせることが多いのですが、多くは式を無事に終えたことで改善に向かいことも多いとされていますが、最悪の状態になってしまった時には、結婚そのものを取りやめたと言う例も出て来ています。マリッジブルーにかかったとされる症状には、結婚相手やその両親に不満を持つと言うことがあります。そのため結婚への意欲が薄れてしまい、愛情への疑問を持ってしまうことになりかねません。また自暴自棄にもなってしまい周囲に当たり散らすなど、イライラ感を募らすなどの症状を見せてしまいます。このうつ症状が出てしまう原因にはいろいろな理由が考えられ、一概にこれと言う決め手がない場合も多くみられますが、大きな環境変化が待っているとか結婚相手への不満や不信と言うことが、多くみられるようです。

結婚生活をスムーズに行うためには、マリッジブルーと言ううつ状態を解消することが大切です。その方法として一番肝心なことは、やはり結婚相手となる人との話合いとなります。環境の大きな変化や相手に対する不満などは、二人で改善しなければならないもので、他の人では解決してくれないものです。仲のよい友達と相談することも悪いことではありませんが、話を聞いてもらうだけにして友達の意見を鵜呑みにしてしまうことは多少危険なことにもなってしまいます。と言うのも、結婚相手が出す答えと全く違う答えでは、相談したことで混乱を招くことになってしまうからです。そのため完全な解決策を求める時には、結婚相手とすることがベストの方法と思われます。但し一人だけ悩むことは避けるべきで、その時には友達にグチをこぼすように話しを聞いてもらうことにしましょう。またマリッジブルーと言ううつ症状には、結婚に期待しすぎることもあると言われます。結婚することで、キチンとした生活を送る必要が出て来るから、しっかりしなければならないと自分にプレッシャーをかける場合があります。普段の自分でいることが出来ない辛さが悪い結果を生み出すことになりますので、プレッシャーを無くすことも考える必要が出て来ます。