結婚前の男女に見られます|結婚を予定している男女に見られる症状です

結婚前の男女に見られます

悩む男性

結婚生活への不安や重圧などが要因です

マリッジブルーは、結婚を決めた男女の気分の落ち込みや、結婚への意欲の低下などが見られます。婚約指輪の購入や新居探し、結納などの正式な儀式なので、結婚が現実味を帯びてくるとみられる症状です。女性は結婚をすると、大きく環境が変わることが多いです。苗字が変わったり、日常的に家事をこなす必要があります。結婚をして住所が変わると、退職する人も少なくありません。結婚生活への不安やパートナーへの不信感などで、症状が悪化することもあります。マリッジブルーはうつの症状が見られることがあります。一時的なものだと感じて、放置をしておくと円形脱毛症や無月経、生理不順などの体の不調が見られる場合もあります。気になる症状が見られる時は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。病院やクリニックではカウンセリングや、うつチェックなども受けられます。精神的にイライラしやすく、パートナーに当たってしまうので悩んでいる人も多いです。マリッジブルーは症状が悪化すると、うつ病を発症することもあります。早い段階で治療を受けることで、辛い症状を改善出来ます。仕事や家事、挙式の準備などで忙しい人が多いですが、友人と会う時間を持つことも大事です。

結婚式や披露宴の準備で忙しいですが、友人や家族に不安や悩みを聞いてもらうことも大事です。結婚を経験した人の話は、説得力があるのでプラスになることが多いです。マリッジブルーは女性に多く見られますが、男性も罹ることがあります。男性は一家の大黒柱になる責任、自由な時間やお金が減ってしまうこともあります。気楽な独身生活に比べると、結婚への重圧やプレッシャーを感じることが多いです。精神科の病院やクリニックでは、デリケートな悩みを相談しやすいです。うつの症状が出ている時は、抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してもらうことで、気分の落ち込みやイライラなどを緩和することも出来ます。マリッジブルーは軽視していると、うつ病を発病することがあります。日常の生活や身支度、家事などが出来なくなってしまうと、結婚が延期になったり、破談になったりしてしまう可能性があります。うつ病は適切な治療を受けることで、回復を速めることが出来ます。マリッジブルーは、誰でも見られる症状なので、パートナーとゆっくりと話す機会を作ることも大事です。同居をすることへの不安を感じている場合は、結婚前に同棲をしてみるのもお勧めです。家族や友人などにアドバイスを受けることで、改善することもあります。