結婚前で不安になる|結婚を予定している男女に見られる症状です

結婚前で不安になる

花嫁

短気で終わらない時には病院の利用を

結婚を控え、結婚後の生活に不安を感じることで起こる症状をマリッジブルーと言います。マリッジと言う結婚に対し、ブルーと言ううつ症状を表すもので、女性のみと思われがちの症状ですが、中には男性も経験する人もいるようです。ですが世間一般で言われるマリッジブルーは女性が多く、家事や子育ての心配からダンナ様の家庭と上手くやっていけるのだろうかと言う不安から起こることが多くなっています。中には、ダンナ様となる人との相性が悪く、ケンカが絶えないとか信用出来ないなどと言ったことも考えられます。更にはやはり独りの生活が良かったと考える人も多く、二人で暮らすことになる窮屈感を嫌う人も出て来ています。このマリッジブルーの症状が出始めるのも人によって差もあり、早い人ではプロポーズを受けた頃からと言った例も聞かれます。多くは結婚準備が始まった頃とか親とか親戚への挨拶を言った時に起きて来たと言った例もみられます。軽い症状で済むことが多いとされますが、短い期間でも1週間から2週間と言う間は、悩むことになると言われます。しかしこの症状が治ることなく、数週間も続くようでは病院へ足を運ぶことが最良の方法と考えます。うつ症状を一日も早く改善することが、二人の間を健全に保つ最善のことになるからです。

結婚式が近づくことで、将来への期待と不安が入り混じることになり、不安が大きくなることでかかる症状をマリッジブルーと呼んでいます。結婚を控えた女性がかかることが多く、本来であれば短い期間で済むうつ症状と言われています。判らないことだらけのことがうつ症状を生むことになることから、婚約者とキメ細かい相談が出来ると改善も早くなると言われますが、婚約者に相談出来ないことで更に悩むのも、このマリッジブルーの特徴でもあります。放っておけば治る場合もありますが、放っておくことで症状が悪化してしまい、婚約破棄になると言ったことも考えられますので、悪化する前に治すことを考えるべきです。婚約者が無理な時には、友人などに相談することも良い方法で自身の親に相談出来る人はその方法を選ぶのも良いことになります。まずは、自分一人で悩むことは避けるようにするべきで、誰も相談することの出来る人がいない時には、病院へ行きましょう。この時、病院なら精神科が考えられ、二の足を踏む人も多くなってしまうこともあります。精神病院が大袈裟と考える人には、まず心療内科へ行きましょう。医師や心理士が結婚への不安などの話を聞いてくれることで、気分転換が行われることも多く、症状も軽くなると予想されます。幾度か通院することで解消出来ることになると思われますので、怖がらずに心療内科へ行きましょう。