医療機関を受診しましょう

男女

症状が重い時は挙式を延期する必要がある

挙式や披露宴を予定しているカップルは、仕事や家事などをこなしながら、準備をしなければなりません。新居を探したり、引越しなどの準備で忙しく、心身共に疲労を感じている人が多いです。結婚は本来はおめでたいことですが、男女共にストレスを感じやすい傾向があります。マリッジブルーは、男女共に見られます。女性の場合は結婚をすると、住所が変わることが多く、家族や友人と離れることに不安を感じている人がほとんどです。不安や緊張、ストレスなどを強く感じていると、うつの症状が見られることがあります。男性の場合は家族が増えることで、責任が重くなったり、自由に遣えるお金や時間などが無くなることで、マリッジブルーの症状が見られることもあります。気になる症状が長く続く時は、精神科や心療内科などを受診することが大事です。マリッジブルーを放置しておくと、うつ病を発症することがあります。結婚が破談になったり、延期になってしまうこともあります。男女共に結婚を決めたことへの後悔や、新生活に関する不安などが原因で起こることもあります。精神科や心療内科のクリニックでは、時間を掛けてカウンセリングが受けられます。体の調子が優れない時は、抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してもらうことが大事です。

マリッジブルーは、結婚が決まった男女は誰でも罹る可能性があります。精神的にイライラしていたり、ふさぎ込んでいることが多くなります。明るい性格の人が、外出をするのを避けたり、電話に出るのが億劫になることもあります。気になる症状が見られる時は、精神科や心療内科を受診して、適切な治療を受けることが大事です。結婚を経験している友人や知人、家族に悩みを聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。マリッジブルーはうつ病のような症状が出るので、周囲の家族やパートナーが気付くことが多いです。カウンセリングなどの精神療法は大変有効なので、定期的に通院をすることが大事です。結婚をしたら、お子様を授かりたい人が多いですが、出産や分娩に関する不安を感じている人もあります。母親や祖母、叔母などに不安や悩みを聞いてもらうことが大事です。うつの症状が重い時は、結婚式を延期して十分な休養を取ることも大事です。マリッジブルーは放置をすると、うつ病に罹ることもあるので、軽視をしてはいけません。仕事や家事、挙式の準備などで忙しい人は、一人の時間を持つことも大事です。パートナーと話し合うことで、二人の絆を深めたり、不安を軽減したりすることも出来ます。

花嫁

結婚前で不安になる

結婚後の生活や夫婦間の生活に自信が持てないなどの不安から起こるうつ症状が、マリッジブルーです。一般的には短い期間で解消するのですが、万が一長くなった時には病院へ行きましょう。心療内科では、丁寧に診察を行ってくれることになります。
カウンセリング

結婚前に起こる精神的悩み

マリッジブルーと言ううつ症状が見られた時には、自分に強いプレッシャーをかけていることが多くみられます。もしくは結婚相手への不満や不信がありますが、マリッジブルー解消には二人でキチンと話し合うことが大事な方法です。
悩む男性

結婚前の男女に見られます

マリッジブルーは、結婚を目前にした男女に見られる症状です。気分の落ち込みやイライラなどのうつの症状が見られます。放置をしておくと、悪化してしまうので、精神科の病院やクリニックを受診することも大事です。友人や家族にアドバイスを受けましょう。
医者

症状をそのままにしない

マリッジブルーには、イライラが収まらなかったり、抑うつ状態や食欲の減退などの症状があります。そこで、心療内科を受診して専門家の力を借りたり、二人でじっくりと話し合うことが根本的な問題の解決につながるのです。